『アタック№1』。

 アンジュルムの舞台を毎回観てて思うのは、
 主役級のキャラはもちろん、
 いわゆるサブキャラにも、
 魅力的な人物がそろっていることです。
 1人1人スピンオフを作ってほしいほど。
 
 それだけアンジュルムにも、
 魅力的なメンバーがそろっている。
 ということだと思います。
 
 紺℃の新メンバー2人も、
 かなり面白そうです。
 もし舞台をやったら、
 どんな役を演じるのでしょうか?
 
 楽しみですねウインク
 
 
 パンフレットと写真を買いました。
 
 表紙・裏表紙。
 scan-001
 
 関係図。
 scan-002
 
 あやちょ、かみこ。
 scan-003
 
 かななん、ささっき。
 scan-004
 
 むろたん、ももな。
 scan-005
 
 タケちゃん、かわむー。
 scan-006
 
 ふなっき、りなぷー。
 scan-007
 
 麻尋えりかさん、小野田暖優さん、
 さやちゃん、しおりん。
 scan-008
 
 いっちゃん、りか様。
 scan-009

 
 
 A4の集合写真。
 scan-001
 今PCの壁紙になってます。
 リストバンドはメンバーカラーです。
 
 
 日替わり写真。
 scan-002_3scan-002_1scan-002_2
 左から、りなぷーむろたんささっき
 むろたんの写真は今プロフィール写真になってますw。
 おだんごがいい!(∴・∀・)イイ!!
 
 ささっきの書いた似顔絵は、
 日曜日、買った日替わり写真にも、
 似たような絵が・・・? 
 
 
 原作は50年以上前に連載開始されましたが、
 舞台ではバルーンスティックを使ったり

 こずえがケータイを使ったりと、
 現代風にアレンジされてました。
 
 バルーンスティックは、
 使うとき、なかなか空気が入らなかったし、
 終わったら逆に空気が抜けなかったし、
 ケッコー焦りましたwwwエイリアン
 
 当日は土曜日の1回目。
 朝早くて大変でしたがw、
 観に行って良かったと思います。
 
 もっと早くから準備していた、
 キャスト、スタッフの皆さんお疲れ様でした。
 そして、
 
 ありがとう!
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) | コメントをどうぞ

お慈悲。

 昨日はアンジュルムのツアーを観に行きました
 しかしせっかくの「お慈悲」=当日券発売に、

 あずかることは出来ませんでした。
 
 2回とも並んだのですが、
 私の番が来る前に完売してしまいました。
 私の立ち回りが下手だったせい。
 全て原因は私です。
 
 他にも行きたい現場はありました。
 でも最終的には、
 やっぱりアンジュルムだから。
 アンジュルムだから行きました。
 
 今回は縁が無かった。”今”ではない。
 ということでしょう。もし運がよかったら、
 それは向こうからやってくるはずです。
 
 お金も使わずに済みました。
 これもある意味「お慈悲」でしょう。
 世の中にはアンジュ現場に行きたくても、
 行けない人が大勢います。
 こっちもこっちで今週もまた現場が待ってます
 楽しみです。
 
 
 ただしグッズは買いました天使
 190217_1449~01190217_1449~02
 
 
 さて。
 
 『アタック№1』です。
 もう1人触れておきたいのが、
 この人!
 
 
 ささきさんんんんん!

 ささっき演じる「真木村京子」は、
 バレーへの情熱は人一倍。
 
 ことバレーへの情熱、
 そして試合での闘志においては、
 こずえ(あやちょ)、みどり(かみこ)を、
 上回っているのではないでしょうか。
 (※個人の感想です)
 
 京子の入部前の状況については、
 大体ささっき本人がブログで説明しているけど、
 私には、あふれる情熱を親のために、
 必死に抑えてる。と。そう見えました。
 
 実は京子は全中でも活躍した選手でした。
 そんな京子に対して、
 半ば挑発したような言葉をかけたのが、
 石松(むろたん)。
 それで完全に”決壊”。
 一気に復帰に舵を切りました。
 
 そんな経緯もあって、
 逆に石松が自信を失くしたときは、
 猛烈なゲキを飛ばします。
 「あたしをバレーに引きずり込んで、
 おいてそれは無い」(※要旨です)
 
 と。
 
 その流れが、
 「実際のアンジュ3期と重なる」。
 とキャナァーリ話題になりました。
 
 
 しかし復帰するにも、
 その時の状況からすると、
 まず両親を説得しなければ。
 黙って部活するにも限界があるし。
 一体どうやって説得したのか?
 
 でもそこまで丹念に描くと、
 連ドラになってしまいますよねw。
 
 そんなわけでそこんとこが、
 「そばかす。」的には謎でした。
 星田先生ならどう描くのでしょうか?
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) | コメントをどうぞ

かななん。

 前にも書いたかもだけど、
 舞台のときはフツーにしていたので、
 「ああ、治ったんだな」と素直に思ってました。
 長引いてる感があるけど、
 焦らないことだと思いますね。
 
 「イスや階段に座って歌うくらいなら休んで」。
 それが私の考えです。
 
 
 で。
 
 掲示板には、
 「(そんなに悪かったなら舞台のとき)
 りなぷーと代わってもらえば良かったのに」
 とゆう意見も見られました。
 りなぷーの役は、
 主人公・こずえ(あやちょ)の病弱な姉。
 (※舞台オリジナルの登場人物)
 動きが少ないのです。
 
 しかし既に
 ヴィジュアルも撮影済みだったでしょう。
 グッズも出来ていたでしょう。
 難しかったかもしれません。
 

 かななん演じる「大沼みゆき」は、
 3年生。富士見高校バレー部キャプテン。
 「歴史と伝統」を強調しながら登場し、
 序盤は1年生部員に「球拾い」を強要しますが、
 
 3対3対決で、こずえ、みどり、石松の、
 1年生チームに敗れた後は和解し、
 いわゆる「キャプテンらしい」キャプテンとして、
 チームを、まとめあげ全国制覇に導きます。
 
 そんなキャプテンがレギュラーだけを集めて、
 ミーティングしたシーンは1個だけ疑問でした。
 そこは全員を集めてレギュラー以外の部員にも、
 「お願いね」と頼むのがホントなのではないか?
 
 3対3のシーンでも、
 いっちゃん、りか様演じるチームメートを、
 責めるでもなく、むしろ励ましていたし、
 きっと、裏でフォローしてたのでしょう。
 演出上の都合とかあったのかもしれません。
 
 「球拾い」の理由についても、
 もっと合理的に説明出来たはず。
 多分ですが後半のみゆきが、
 「本当の」みゆき。
 
 そう思わせるのは、
 これはかななんの個性でしょう。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) | コメントをどうぞ

私の中のMVP。

 参戦記録を去年12月から。
 書き出してみました。
 
 12/1(℃):
  演劇女子部『アタック№1』(1回目)
  @スペース・ゼロ
  →アンジュルム、CHIKA#TETSU出演。
  181201_1035~01
  DSCN0692DSCN0693
 
  開場後の様子。
  DSCN0679
  DSCN0684
 
  お花たち。
  DSCN0685
  DSCN0687
  DSCN0690
 
 
 せっきーのTwitter。

 私も、むろたんがMVPだと思いました。
 むろたんが演じるのは「石原松枝」
 通称「石松」。自分のことは「オイラ」呼び。
 
 自他ともに認める、
 富士見高校バレー部のムードメーカー。
 選手を苗字でしか呼ばない鬼コーチの、
 清水コーチ(麻尋えりかさん)でさえも、
 「石松」呼び。
 
 中途入部でバレー経験は無いものの、
 天性のセンスでレギュラーを獲得。
 しかしレシーブに、やや難があり
 試合で集中攻撃を受けます。
 
 自信を失った石松は、
 ふさぎこんで部活に出なくなりますが、
 同時期入部した「真木村京子」(ささっき)の、
 励まし・・・ってゆうか猛ゲキで、
 復帰を果たしました。
 
 ある意味ここの流れはメイン級の、
 鮎原こずえ(あやちょ)、早川みどり(かみこ)
 を「喰う」演技であり、
 推しであることを割り引いても、
 私の中の「石松」は、
 「室田瑞希の石松」
 で決まりましたびっくり
 
 『アタック№1』は1968年連載開始。
 50年以上前のキャラなのに、
 まるで宛て書きされたかのように、
 (そんな話、無かったったか?)
 ハマっていきいきしてました。
 
 DVDが出たら、
 原作者の浦野千賀子さんに、
 視てもらいたいです。ぜひ。

 右ヒザに水をためながらの熱演でした。
 ここんとこよくダウンするのは気になりますけどねぇ。考え中
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) | コメントをどうぞ

はてなブログ。

 現在WordPressブログである当ブログは、
 WordPressユーザーでなければ、
 直接コメント出来ません。
 
 そこで「はてなダイアリー」である”別館”に、
 コメントしていただくことにしていますが、
 その「はてなダイアリー」が使えなくなりました。
 
 「はてなダイアリー」は元々「はてなブログ」に、
 移行するという告知が出されていたのですが、
 自動移行される。とのことで、ほっといてました。
 
 ところがその前段階で編集機能が止まり、
 (※コメントは引き続き可能です)
 さらに自動移行にはブログごとに、
 時間差が生じるとか。
 
 と、いうことで自力で移行することにしました。
 今後、非WordPressユーザーの皆様は、
 そちらにコメントをお願いいたします。
 
 
>加筆(2/16)。
 URL忘れてたペロリ
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
カテゴリー: コンピュータとインターネット | コメントをどうぞ

とーきょーた↑わ↓ーしょーめつさく↑せ↓ん!

 そんな関西弁を思い出しましたスマイル

 おめでとうございました。
 
 こぶしファクトリーも、
 お世話になりました。

 発端は報知の「スクープ」

 まー「報知」ですんで。
 「順公式発表」ですよねウインク
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
カテゴリー: ノンセクション | コメントをどうぞ

こっ・・・これは!?

 私信か!?

 と、思いきや、
 さにあらず。
 
 毎年恒例の「まりブロ」でした。
 今年で4年目。
 
 歴代のヤツ。

 なんとまー”リアルマリア様”でんがなびっくり
 
 
 だけど他の人のブログ見て今回みたく、
 「こっ・・・これは!?」
 
 と思ったことは確かにありますよ正直恥ずかしい
 誰とは言いませんが。
 
 
 千奈美に。
 
 私の誕生日は               
 
 言いません。
 
 ここでは。ね。
 
 
>加筆(2/14)
 青字で加筆しました。
 念には念を入れるんだ。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) | コメントをどうぞ