『ウルトラマンZ』第19話「最後の勇者」。

まず何は無くとも、
からだしょうw❕

まさかまさかの
Zの名付け親!!
「兄さん」とか言ってたけど、
もはや実の親・師匠同然w。

いわゆる「ウルトラ兄弟」の5男
「A(エース)」第28話までは、
男女2人で変身する珍しいヒーローでした。
が、翌29話からは男性1人で変身しました。

今回はハルキ隊員の持つ、
エースメダルに導かれZの世界の、
地球にやってきました。

技名を叫んだり日本刀の刀身のような、
武器を生成したり新鮮な姿を見せました。
またバリアを張りながら攻撃するなど、
戦士としても成長した戦いを、
見せてくれました。

声は高峰圭二さん。
エースと一体化した男性=北斗星司
を演じた本人です。
(高峰さんはSNS、ブログ、HPはありません)
近年(「メビウス」以降)は高峰さんが、
ほぼほぼ全作、声を当てています。

しかし掛け声は高峰さんではありません
実は「A」本編でエースの声を担当したのは
納谷悟朗さん(故人:銭形警部などの声優)。
掛け声は納谷さんの声が使用されています。

これについては、
北斗がエースと分離せずに地球を去った。
という経緯があり、
一体化が長年にわたったため、
人格が北斗のものになっている。

という解釈も出来ますが、
やっぱり掛け声は納谷さんのがしっくりくる。
そんな人が多いからでしょう。
ただ今回、目立ったのは、
「高峰さんの声が納谷さんに近づいている」
という意見でした。

辻本貴則監督のTwitter。
アツいです❕❕


まず「超獣」って何❕❓
って話ですよねw。こちら

詳細は割愛しますが、エースは、
「どんな生き物でも攻撃を受ければ痛みを感じ、
恐怖を覚え隙が生まれる。
だが超獣はそんなものは感じない」
と解説しました。

「空を割って登場」が定番化しているものの、
「A」本編では2例のみだったそうな。

バラバは「A」第13、14話に以来の登場。
今回はハルキ隊員が持つエースメダルに、
導かれてやってきた模様。
ヤプールの怨念が実体化しているせいか、
しゃべります。

やはり空を割って登場するのですが、
従来のバラバラに割れるような登場ではなく、
ひびが入り徐々に広がる割れ方です。

頭に付いている剣は物理的な武器だけでなく、
異次元空間を操るアイテムでもあります。
光線が放たれると剣の周辺が光り、
空間に開けた穴に光線が吸い込まれ、
戻して攻撃することが出来ます。

さらにエースの攻撃を、ことごとく跳ね返し、
Z(デルタライズクロー)のウルトラフュージョンが、
解除されてしまうほどの強敵になっていました。
しかし最後は渾身の光球「スペースZ」で、
倒されました。

「バラバがバラバラ」
(byヘビクラ隊長)

千奈美に登場は久々ですが、
タイラントの両腕の元の超獣として有名です。
またタイラントとは腕が逆に付いている。
ということでも有名です。



奇しくもバラバとはタイラント繋がり
腹を構成します。
ただしバラバと違って頻繁に登場します
今回は完全な当て馬なのですが、
それでもガスタンクを飲み込んだり、
ウィンダムの右腕を腹に咥え込むなど、
特空機2機を圧倒しました。
超獣の知識があったのかw?
割れた空を見てビビって逃げ帰りました。


P.S.「ウルトラマンエース」をネタに、
    こんな記事を書いてました。
    ・・・ハズイEmbarrassed smile


サインインがメンドい方、コメントは→こちら
ランキングに参加しています。
↓↓クリックキボンヌ。
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中