『ウルトラマンZ』第15話「戦士の使命」。


『ウルトラマンX』のラスボス。
人呼んで「平成のゼットン」。
(モチーフも)

その存在は、
「無そのもの」であり「意思は無い」。
「生物というより自然現象に近い」。
(「」内はピクシブ百科事典より)

本能の赴くままに暴れる割に、
知性も持ち合わせる、
非常に、やっかいな怪獣です。

今回登場したグリーザは、
前回倒されたブルトンの影響により生じた、
「宇宙の穴」そのものだとされており、
「X」登場の”個体”とは関連が無いようです。

ヘビクラ隊長ジャグラー)は、
直接面識は無いはずですが、
知識はあるようで「よせ!」と、
ヨウコ隊員の出撃要望を却下しています。

事実Z、ジードの2大ウルトラマンに、
ジャグラー(ヘビクラ隊長)が、
変身した(!)ファイブキングが束になっても、
マタク相手になりませんでした。

ファイブキングの左腕であるガンQの力で、
吸収しようとするも逆に吸収されそうになり、
これをかばったジードが犠牲になり同化。
そのジードが残したベリアル因子で、
形成された剣である「ベリアロク」の力で、
ようやく”消失”しました。

と、こんな書き方をするとZの形態は、
関係なさそうだけどベリアロクは、
Zの新形態「デルタライズクロー」の、
専用武器でありジードとグリーザを分離したのも、
またグリーザの”身体”からベリアロクを、
取り出したのもデルタライズクローの力に、
よるものです。

ベリアルメダルの強奪入手を目的に、
セレブロのアジトに侵入した、
ジャグラーとハルキ隊員。
躊躇なくセレブロを銃撃する、
ハルキ隊員。

でもセレブロは寄生生物であり、
寄生されてるカブラギ・シンヤは、
生身の地球人。ハルキ隊員は、
きっとそれを知らされてないでしょう。
ジャグラーもハルキ隊員の性格は、
熟知している。なんせヘビクラ隊長だから。

ジードはグリーザに吸収される前に、
ジードメダルをZに託しています。
すごいとおもうわこれは。

ベリアルメダルはデビルスプリンターと、
混合したとはいえジード(リク)の身体から、
抽出したベリアル因子から出来ているし、
ベリアロクもジードが残したベリアル因子から、
出来たわけだし・・・。

それを考えると、
なかなか業の深い物質ですなあ。
ベリアル因子てのは。


サインインがメンドい方、コメントは→こちら
ランキングに参加しています。
↓↓クリックキボンヌ。
カテゴリー: ウルトラ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中