『僕だってヒーローになりたかった』。

 今年もTIFが終わりました。
 夏わ、やっぱりT!I!F!パーティ
 
 私は土・日の2日間行きました。
 そんなにたくさん観れたわけではなかったけど、
 「やっぱアイドルっていいなー音楽
 って思いました。
 
 ありがとう!TIF!!
 
 そんなTIFの話は、また別の機会に。

 まのちゃんはハロ紺を観に来てたんですねぇ。
 もう何度か書いてますが、
 私のTIFデビューは、まのちゃん目当てでした。
 ハロ紺は観れないけどこれなら!
 と思って居ても立ってもいられずw。
 HOT STAGE(今年はDOLL FACTORY)に、
 入ったときはバニビ姉さん(バニラビーンズ)の出番で、
 マノフレさんたちにとても優しかったです。
 
 で、
 なぜわざわざ、まのちゃん?????
 とゆうと。
 
 舞台:
 の話を、もちっと書きたかったからです。
 
 面白くないと思いますけど一応。
 
 

 なんと、まさかの、
 『ベター・ハーフ』との同時オファー。
 興行期間もモロ被り。神様は、いぢわる。
 
 「売れる」ってのは、
 こぉゆうことなんでしょうか。
 もちろん当たり前では、ありません。
 
 
 風間さんに相談までしたとは。
 この記事を綴った裏には、
 そうゆう葛藤もあったんですね。
 
 私自身も『ベター・ハーフ』は好き。
 魅力的な作品でした。
 まのちゃん演じる「遥香」も魅力的な人。
 見てみたかった。
 
 で、結局まのちゃんが選んだのは「僕ヒロ」でした。
 「新しいチャレンジ」だとの由。
 向上心の現れですよね。
 
 『ベター・ハーフ』の方は松井玲奈さんが出演。
 scan-0031scan-0032
 (ブルーシアターに、たまたまあったフライヤーです)
 
 玲奈さんは48G歴代メンバーでも好きな方に属します。
 (アイドル好きなのもおk。ベビレ推しだとか)
 松井「遥香」も観たい気持ちも正直ありました。
 残念ながら「舞台は月2回」の掟に引っ掛かり断念。
 
 時期も時期だけに制作発表会見では、
 他の出演者の方にいぢられてたようでw。
 つかみはおkでんなw。
 
 NHKの番組、
 『Shibuya Deep A』に登場したとき、
 いきなりカメラを指差して、
 「私、この人と結婚します!」
 とゆう視聴者の投稿ネタを披露したことを思い出します。
 「ステージ上から、いきなり!」
 とゆうシチュエーションなんですね。
 
 
 パンフレットを撮りました。
 170712_2110~03170712_2110~01
 170712_2110~02
 
 
 スキャンする前にケータイでw。
 「ちゃんと購入したよ」と裕翔子w。
 
 
 「僕ヒロ」は放送作家として知られる、
 鈴木おさむさん
 が脚本・演出を担当します。
 
 正直「こんな話が書けるんだ!」と、
 思ってしまいました。スイマセン。
 
 m(_ _)m
 
 劇作家としての顔を全く知らなかったので。
 
 この話はコメディーにも出来るような話だと思います。
 でも鈴木さんは、そうはしませんでした。
 「ドキュメンタリー」ですか、なるほど。
 
 かのウルトラマンだって、
 罵声を浴びながら戦ったことがある。
 世間から見たら「ヒーロー」であっても、
 一部から見れば「悪人」になることもある。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中