アプガキさんに、きっか。

 
 ブログから写真をいただきました音楽
 
 ガキさんのブログ。
 o0480036013821008258
 o0480039213821008262
 
 アプガ勢最近よくガキさんの舞台観に来ますね。
 ただしアプガ一番のガキさん推しのはずの、
 せっきーは確か「幻の城」以来来てないハズ。
 好き過ぎて逆に行けない?
 

 
 ガキさんの役名が、
 161211_1924~01
 
 「お玉」と知って、
 「細川ガラシャ」!?
 
 と反射的に思ってしまいましたw。
 しかし、時は、
 室町幕府13代将軍・足利義輝の治政下。
 ガラシャの父・明智光秀(本作にも登場)は、
 廻国修行の真っ最中(何?流行だったのw?)。
 ガラシャは影も形もぁりません。
 
 本作における、この、
 「お玉」という人物は義輝の侍女。
 
 原作本によれば、
 ヒロイン・真羽(まは)には、
 お玉の面影が、あるとか。
 
 2役ならともかく、
 別の女優さんが演じてるんだから、
 その設定、使えませんよねクール
 
 だけどガキさんは、
 3年前はランドセル背負ってましたからw。
 (『殺人鬼フジコの衝動』初演)
 今でも真羽ぐらいの少女の役、
 イケると思うんですよね。
 しかも後に側室になる設定。
 実際「幻の城」では2役だったのに、
 今回は、なぜか他に役が無いし、
 正直、出番は多くありません
 
 
 役柄も、いわゆる「この世の人」ではありません
 シーンも、「回想シーン」のみ。
 いわば義輝の頭…心の中に生きてる人。
 
 
 一旦ここで切ります。
 続け。
 
 
 P.S.せっきーの声は、どこで聞いても分かるよね。
     文章だけ見ても誰かが代読しても、
     頭の中で再現出来るw。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中