「メビウス最後の戦い!皇帝降臨!」。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Tsuburaya Prod. Official Channel – YouTubeより:期間限定です)
 
 
 実は今月で「新列伝」は終わり。
 「メビウス」「最終三部作」で最後を飾ります。
 同作は「ウルトラマンシリーズ」40周年記念作品。
 
 序盤に現れる「蛭川光彦」という人物。
 彼は「メビウス」には複数回登場した、
 ジャーナリスト。
 
 (「ヒルカワ・ミツヒコ(蛭川 光彦)」の項参照)
 
 詳細に記された第43話は視ていましたが、
 正視に堪えがたいものでしたw。
 彼を利用しようとしていた異次元人ヤプールですら、
 あきれる始末。演じる加藤厚成さんも、
 「男の風上にもおけない最低野郎」
 と評しています。
 
 特筆すべきは、
 全て彼自身の意思による所業であること。
 下手な侵略宇宙人よりも性質(たち)が悪い。
 やや同情すべき点も、あるものの、
 半世紀を誇るシリーズの中でも、
 稀代のワル…いやゲスと言えるでしょうエイリアン
 
 
 ミライ隊員(メビウスその人)の引き渡し」
 を求める政府の役人に対し毅然として庇う、
 トリヤマ補佐官。
 
 本作の「コメディーリリーフ」ですが、
 やるときは、やります!号泣
 
 演じる石井愃一さんは、
 『真田丸』に木曽義昌役で登場しました。
 
 このドラマで義昌は、
 「子供の頃は信玄公の前で小便を漏らした」
 などと暴露しています。
 (もちろん史実としては確認されていません)
 トリヤマさんを彷彿とさせる役回りではありますw。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: ウルトラ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中