真野フレ!

 真野フレムシェンねウインク
 
 前回の続き!
 
 と、ここで入ってきたのが、
 ガイゲルン男爵。その手には拳銃が。
 男爵は借金取りに追いかけまわされており、
 金策のためにホテル荒らしをしていました。
 部屋に入ってきたのも実は盗みのため
 借金取りに盗みをそそのかされていました。
 拳銃はその時、渡されたもの。
 
 気付いた社長男爵ともみ合います。
 体格と膂力で男爵を上回る社長は、
 逆に拳銃を奪い男爵を射殺。
 駆けつけた警察に逮捕されました。
 
 騒ぎの翌日フレムシェンは、
 グリンゲラインとパリに旅立ちます。
 グリンゲラインは男爵と意気投合し、
 男爵にフレムシェンを紹介されていました。
 ま、収まるとこに収まったっててとこかも知れません。
 
 2人のその後は、もちろん知る由もありません。
 グリンゲラインは穏やかな死を迎えたのでしょうか。
 フレムシェンは子供を抱えて、
 ハリウッドへの夢はどうなるのでしょうか。
 時は1920年代。
 ナチスの足音が迫る前の束の間の平和な時代…。
 
 
 終演して、何日かしてふと思いました。
 『ベター・ハーフ』の平澤遥香ならどうしたか?
 もちろん現代とは違う部分もあるでしょう。
 
 それを抜きに考慮しても、
 ここ一番でイマイチ覚悟の足りない印象。
 のあるフレムシェンに比べ、
 遥香は度胸があるように思います。
 
 だから遥香だったら、
 中途半端に逃げ回るようなことはしない。
 と思います。
 
 アメリカ渡航のチャンスが、
 目の前にぶら下がってる。
 覚悟を決めて社長と寝るか、
 それともゲスな社長を相手に徹底的に戦うか。
 どっちかだったと思います。
 それに避妊の概念の無い(ハズの)1920代なら、
 男と無意味な関係を持つことはしなかった。
 そう思います。
 
 まーでもフレムシェン
 よく逃げ切りましたよw。
 
 大千穐楽は5/8大阪です!
 
 
 まのちゃんのブログ。
  o0480036013620035625
  o0480064113620035633
  o0480048013618035252
  o0480064113611067513
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中