最強の記憶媒体。

 エクスデバイザーに侵入し、
 すっかり馴染んでるウルトラマンゼロw。
 ヒーロー&怪獣
 
 光の国のウルトラ戦士が、
 自らをデジタル化できるのは、
 「メビウス」第27話で判っています。
 
 ショウ:「ゼロから話は聞いた」。
 なるほどですねー納得ですw。
 
 
 「ウルトラ10勇士」では、
 「ギンガS」最終回でビクトルギエルとともに”消滅”した、
 アンドロイド・マナ(ワンゼロ=最上もがさん)が復活。
 ”決戦”前にデータをバックアップ。
 それを友也(草川拓弥さん=超特急4号車・タクヤ)が解析。
 見事復活させました。
 
 
 もがちゃん何でキャスティングされたのか?
 もちろん分かんないんだけど、
 結果としては秀逸だったかと。
 
 演技に慣れていないのか、
 表情に変化が乏しいとこが、いかにもアンドロイド向きで、
 撮影が進んで徐々に慣れていく姿が、
 AIの学習機能と重なるのです。
 
 
 データをバックアップしていたのは、
 ビクトリウム製のペンダント。
 すごいなビクトリウムw。
 
 大きさは、それこそUSBメモリー程度
 なのにアンドロイド1体分のAI(人工知能)のデータを、
 収納できる。フツーのPCなら何台分か見当もつきません。
 ちょっとした企業のサーバーならいけそうw。
 
 もちろんPCに直接差し込むことは出来ない
 解析には特殊な装置が必要。⇒強力なセキュリティ!
 マナが復活したことでデータの内容は保障される。
 かなりの衝撃を受けても破損しない。
 
 雅に最強の記憶媒体です。
 職業柄、非常に興味があります(謎)。
 
 
 
 「ウルトラ10勇士」第2章は期限切れなので、
 ギンガビクトリーが登場する是を。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: ウルトラ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中