『ウルトラマンX』第4話「オール・フォー・ワン」。

 

 tsuburaya – YouTubeより:期間限定です)
 
 
 紺回は、
 光線銃1発で巨大生物(ザラブ星人)を仕留めた、
 かなりレアなシーンが見られます。
 
 ウルトラマンの光線をコピーした兵器の例は、
 ・マルス133(科学特捜隊@『ウルトラマン』)
 ・ウルティメイトバニッシャー
  (ナイトレイダー@『ウルトラマンネクサス』)
 
 があります。
 マルス133はライフル大の銃、
 ウルティメイトバニッシャーは戦闘機から放たれました。
 が、ウルトライザーは、
 通常の光線銃(ジオブラスター)のアタッチメントとして実現。
ウルトライザー
 公式サイトより)
 
 つべのコメでも指摘されている通り、
 「著しいダウンサイジング化」
 ですね!スマイルGOOD
 
 
 今回の登場怪獣は、
 宇宙大怪獣ベムスター
 
 
 『帰ってきたウルトラマン』で初登場。
 ウルトラ怪獣でも屈指の人気強豪怪獣。
 
 あの何でも吸収する「腹の口」は、
 特撮ファン以外にも、あまりにも有名ですが、
 今回初めて内部が明らかに。
 
 しかし、あのままテレスドンの溶岩熱線を、
 ぶち込まれてなかったら、どーするつもりだったんだ?困った
 
 
 千奈美に。
 
 ベムスターと対戦したとき、
 自ら腹に飛び込み内部から破壊しました。
 
 さすが!
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: ウルトラ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中