『ウルトラマンギンガS』第10話「未来への聖剣」。

 

 tsuburaya – YouTubeより:期間限定)
 
 シェパードンは死んではいない。
 スパークドールズとして”生き”続ける。
 
 ショウとシェパードンの関係は、
 主従関係で片づけることは出来ないんですね。
 
 
 今回の登場怪獣(超獣)。
 ・蛾超獣ドラゴリー(Wikipedia
 ・ミサイル超獣ベロクロン(Wikipedia
 
 紺回はドラゴリーの「猛毒」が話題に。
 今までは全然出て来なかったのですがw。
 でも、せっかくの牙を活かさないのは、
 もったいないですからウインク
 
 ドラゴリールックスは、ちょっとアレですけど、
 全体的にはスタイリッシュで個人的には好きです。
 
 初登場は『ウルトラマンエース』でしたが、
 そこで巨大魚怪獣ムルチをバラバラにした琴で、
 クローズアップされることが多いです。
 
 
 「肝心な時主人公がいなくなる」
 
 過去に、正面切って
 これに目を付けたのは意外にも、
 『ザ☆ウルトラマン』
 だけ。
 
 
 同作は実はアニメ版「ガンダムシリーズ」の、
 「日本サンライズ(現・サンライズ)」
 が制作していました。
 そんなところから出てきた発想なのかも。
 
 
 では行動面から考えるとどうなのか。
 
 今まで隊員は戦闘機で出撃していたから、
 (しかも撃墜され脱出したこともあったから)
 別行動が「ありえること」だった。
 
 移動手段が自動車に限定されている。
 
 出撃時は、どうしても一緒になり、
 行動も限定されてしまう。
 単独行動が目立っちゃうんですよね、これが。
 
 よく出来てるな~。
 と、思いますよ。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 
 
 
広告
カテゴリー: ウルトラ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中