強く、優しく、美しく。

 
 我らが圭ちゃん!
 
 出演のミュージカル
 ひめゆり
 
 7/30千穐楽でした!
 
 
 現代で満たされた生活をしてるかと思えば、
 戦時下の沖縄に”タイムスリップ”。
 そして終われば、また現代に戻る。
 
 しかも千穐楽の舞台が終わった後も、
 番組の収録があったとか。
 
 女優(役者)さんって、すごいお仕事だ!
 
 と改めて思いました。
 (ただし千穐楽ぐらいは…って思うけどw)
 
 しかし『駆け込みドクター』で、
 「隠れ偏平足」「おそらく筋力不足」
 と指摘されたそうな。
 
 今や、たまに行けてたジムもダメみたい。
 頼りはダンナさんのおかげで向上した食生活
 ダンナさん。どうかサポートよろです。m(_ _)m
 
 
 そんな中ですが千穐楽の様子をうpしてくれました
 o0354047212629554931o0354047212629555004
 o0400053312629554800o0480036012629554735
 o0480048112629555182o0480064012629554893
 
 詳しくは圭ちゃんブログを見てくださいな。
 一度載せた写真もありますね。
 
 そして圭ちゃん徳にフィーチャーしたのが、この2人
 o0480064012629555093
 
 左が原田優一さん。檜山上等兵役。
 右が木村花世さん。上原婦長役。
 
 残念ながら、お2人とも亡くなられる役です。
 
 原田さんは私が観に行った時の檜山上等兵役でした。
 (ダブルキャスト制です)
 
 檜山上等兵は沖縄に配属される前は、
 南方戦線に出征しており、そこで「この世の地獄」を体験。
 
 病院を脱出した後、骨折し他の兵士や学徒隊とはぐれ、
 主人公のキミ(彩乃かなみさん)と二人きりに。
 絶望感、罪悪感に苛(さいな)まれながらも、
 米軍の戦闘機の銃撃からキミをかばう。
 という勇敢で壮絶な最期を遂げました。
 
 逃亡中は「(自分は)もう人間ではない!」
 と卑下していましたが、
 病院では学徒隊(女子生徒)の動員に憤るなど、
 元来は正義漢。
 
 だからこそ悩みは深かったかもしれません。
 
 
 木村さん『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』の主演。
 今回は脇役として舞台を引き締めました。
 
 上原婦長は学徒隊直属の”上司”。
 終始、凛としたたたずまいを見せ、
 物語が進み写真のように白衣が汚れても、
 それは変わりませんでした。
 
 「米軍迫る」の報に病院からの脱出を進言。
 逃亡中は心が折れかけた学徒隊を励ましました。
 
 しかし途中、米軍の銃撃に遭い当たった流れ弾が基で、
 潜伏していた洞窟で息を引き取りました。
 
 
 ナイチンゲールに憧れ看護婦を志し、夢をかなえました。
 
 とは言っても、やはり基本は陸軍の人。
 
 脚の切断手術に苦しむ兵士には、
 「それでも帝国軍人ですかっ!!!」
 と一喝し、
 (当然麻酔が無いから、そうせざるを得ない側面もある)
 
 洞窟内では息も絶え絶えな、まさしく「いまわの際」にあって、
 銃を取り、暴走する滝軍曹(阿部裕さん)を射殺する凄腕。
 
 「強く、やさしく、美しく」
 それが上原婦長でした。
 
 
 『ひめゆり』については、まだ書く予定です。
 肝心の「ふみ」(圭ちゃん)が、まだですからスマイル
 
 なお、人物紹介の中には「そばかす」の私見が含まれています。
 ご了承くださいませ。m(_ _)m
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 人気ブログランキングへ
 
 
広告
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中