『下北箱庭HEARTs』。

 カオリみーこ出演の、
 
 
 観に行ってから1週間経ちました。
 他にもネタが、いろいろありましたのでね。(^^∴ゞ
 
 千穐楽の模様がうpされてました。
 
 
 
 
 2枚目の2ショットは演出の皆川智之さんと。
 このセーラー服はみーこの衣装だったんですね。
 
 カオリみーこは姉妹役。
 2人には海外に赴任してる兄がいて毎月仕送りを受けていた。
 あるとき、それがなくなって兄の会社に電話したら退職してた。
 
 それが冒頭のシーン。
 以来、兄とは4年間音信不通。
 
 ところが、その兄から母の「7回忌に出たい」と連絡が。
 ストーリーが動き始めます。
 
 各所のレポによると千穐楽は「アドリブ祭り」だったそうな。
 それを知って「前の日でヨカタ」と思いましたよ。
 
 いやいやいやいや。
 
 私は「アドリブ」は肯定しますよ。もちろん。
 ただ台本があるってことは、そこに演出家の意図が反映されてるハズ。
 ならば、それをちゃんと観たいのが”人情”ってもんです。
 
 もしも千穐楽が「アドリブ祭り」になる確率が高いのであれば、
 (開放感など、もろもろの理由で)
 
 ラス前が一番練れたお芝居を観れるベストタイミング。
 
 そうなりますよね。
 
 
 兄は商社マンでブータンに赴任していた
 退社後もブータンに滞在していた
 
 ブータンと言えば。
 「国民総幸福量(GNH)」を提唱したことで知られています。
 
 この舞台は「幸せって何だっけ?」的なテーマを持ってる。
 と感ぢたんだけど「ブータン」てのは一つの例だよねって思ったんですよ。
 「『フツーの生活』が、いかに幸せか?」を改めて考えさせてくれる。
 そんな作品なのかなーと思いました。
 
 「箱庭」てのは、そんなフツーの生活空間を指した言葉ではないかと。
 無論それには個人差があるのは裕までもないですけど。
 
 
 サインインがメンドい方、コメントは→こちら
 
 
 
 ランキングに参加しています。
 ↓↓クリックキボンヌ。
 人気ブログランキングへ
 
 
広告
カテゴリー: エンタメ(ハロプロ) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中